便秘 病院ではどんな薬が処方されるの? 下関

一 般的に便秘に対して処方される薬は緩下剤です.酸化マグネシウム系の薬(カマ,マグラックス,ミルマグなど)は便を柔らかくする薬ですが,腸への刺激性が なく穏やかな効き目を示すため毎日服用するのに適しています.1日の使用量が2グラム以内であれば便の硬さによって減らしたり増やしたりと自分で調節しな がら服用しても大丈夫な薬です.
刺激性下剤(ブルゼニド,アローゼン,ラキソベロンなど)は腸の蠕動を刺激して便を出やすくする薬です.慣れない とお腹がしぶる痛みを感じることがあります.また逆に腸が慣れてしまうと下剤としての効き目が鈍くなることがあり,服用量が次第に増える傾向があります. 漫然と習慣的に服用せず必ず処方してくれる医師と相談しながら服用してください.
比較的新しい下剤として小腸からの腸液の分泌を増やして自然に便 を出やすくする分泌性下剤(アミティーザ)があります.刺激性下剤のようなお腹のしぶるような痛みを伴うことがなく長期に服用しても効き目が悪くなること はありません.服用後に吐気や下痢がみられる場合は医師と相談してください.
他にもビフィズス菌製剤や乳酸菌製剤などの整腸剤(ラックB,ミヤBM,ビオスリー,ビオフェルミンなど),腸管運動調節剤(ガスモチン,ガナトン,セレキノンなど)が症状におうじて下剤といっしょに処方されることがあります.

監修 東京山手メディカルセンター大腸肛門病センター 山名哲郎 先生

下関市病院 桃崎病院 院長

下関 桃崎病院

 

便秘 病院ではどんな薬が処方されるの? 下関