下関 用語解説

監修 東 北 大 学 病 院 総 合 診 療 部 教 授 本 郷 道 夫 先生

食 道 逆 流 症( G E R D )は 、 の 酸 が 食 道 に 逆 流 す る こ と に よ り 食 道 粘 膜 を 傷 つ け た り 、 胸 や け を 引 き 起 こ す 病 気 で す 。 原 因 は 食 べ 過 ぎ や 肥 満 、 高 齢 化 な ど で す 。 主 な 治 療 薬 は 、 酸 の 分 泌 を 抑 え る H 2 受 容 体 拮 抗 薬 や プ ロ ト ン ポ ン プ 阻 害 薬( P P I ) で す が 、 食 事 や 日 常 生 活 で 逆 流 を 防 ぐ こ と も 必 要 で す 。 酸の逆流を防ぐ薬 酸分泌抑制薬と

消化管運動賦活薬との併用

◆ 胃 食 道 逆 流 症( G E R D ) と は ど う い う 病 気 強 い 酸 性 の 胃 内 容 物 が 食 道 に 頻 繁 に 逆 流 す る と 、 食 道 粘 膜 が た だ れ て 、 び ら ん ・ 潰 瘍 が で き る こ と が あ り ま す 。 胃 か ら の 逆 流 に よ る た め 、 胃 に 最 も 近 い 下 部 食 道 を 中 心 に た だ れ が で き ま す 。 ま た 、 食 道 に 酸 が 逆 流 す る と き 、 自 覚 症 状 と し て 胸 や け が 起 こ る こ と が あ り ま す 。 胃 酸 の 逆 流 で は 、 食 道 が た だ れ て 胸 や け が 起 き て い る 人 、 食 道 が た だ れ て い て も 胸 や け を 訴 え 東 北 大 学 病 院 総 合 診 療 部 教 授 本 郷 道 夫 な い 人 、 逆 に 、 強 い 胸 や け の 自 覚 症 状 が あ っ て も 、 内 視 鏡 で 調 べ て み る と 、 び ら ん も 潰 瘍 も 見 ら れ な い 人 も い ま す 。 胃 酸 が 食 道 内 に 逆 流 す る こ と に よ っ て 起 こ る こ れ ら の 病 態 を 総 称 し て 胃 食 道 逆 流 (症gastro-esoph- ガ ー ド ageal reflux disease ; G E R D と) 呼 び ま す 。 さ ら に 分 類 す る と 、 症 状 の 有 無 に 関 係 な く 粘 膜 に び ら ん ・ 潰 瘍 が あ る も の を 逆 流 性 食 道 炎 、 び ら ん ・ 潰 瘍 が な く 自 覚 症 状 だ け あ る 場 合 を 非 び ら ん 性 逆 流 ー ナ症 (non-erosive reflux disease ; N E Rド D) と 呼 び ま す 。

◆ ど ん な と き に 胃 の 酸 が 逆 流 す る の か 食 道 か ら 胃 に つ な が る と こ ろ に は 、 下 部 食 道 括 約 筋( L E S) と 噴 門 ( 胃 の 入 口 )が あ り ま す 。 噴 門 は 、 物 を 飲 み 込 ん だ と き に 開 き 、 そ れ 以 外 は 閉 じ て い て 胃 の 内 容 物 が 食 道 に 逆 流 す る の を 防 い で い ま す 。 し か し 、 物 を 飲 み 込 む と き 以 外 に も 噴 門 が 一 時 的 に 開 く こ と が あ り 、 こ れ を 一 過 性 L E S 弛 緩 と 呼 び ま す 。 一 時 的 で も 噴 門 が 開 い て い れ ば 食 道 に 逆 流 し や す く な り ま す 。 一 過 性 L E S 弛 緩 は 、 大 量 に 食 べ た 後 や 、 高 脂 肪 食 を 食 べ た 後 に 起 こ り や す く な り ま す 。 中 高 年 に な る と 増 え て く る 裂 孔 ヘ ル ニ ア も 逆 流 の 原 因 と な り ま す 。 裂 孔 ヘ ル ニ ア と は 、 噴 門 が 、 横 隔 膜 と 接 す る 定 位 置 か ら 口 側 に ず れ た 状 態 で 、 横 隔 膜 か ら 噴 門 に 働 き か け る 作 用 が な く な る た め 、 噴 門 の 閉 じ る 力 が 弱 ま り 、 食 道 に 酸 が 逆 流 し や す く な り ま す 。 横 に な る と 逆 流 し や す く な り ま す 。 一 過 性 L E S 弛 緩 も 裂 孔 ヘ ル ニ ア も 、 お な か に 軽 い 力 が 加 わ っ た り 、 肥 満 や 妊 娠 で お な か に 圧 力 がか か っ た り 、 前 屈 み に な っ て お な か が 押 さ れ た と き な ど に 逆 流 し や す く な り ま す 。

◆ 治 療 法 の 原 則 は 2 つ G E R D の 治 療 に は 、
① 胃 か ら の 逆 流 物 の 酸 性 度 を 和 ら げ る 方 法 、
② 胃 か ら の 逆 流 を 防 ぐ 方 法 が あ り ま す 。
1 酸 へ の 対 策 逆 流 す る 物 の 酸 性 度 を 和 ら げ る に は 胃 酸 の 分 泌 を 抑 制 す る 酸 分 泌 抑 制 薬 が あ り ま す 。 ま た 、 酸 を 中 和 す る 制 酸 薬 が あ り ま す 。 酸 分 泌 抑 制 薬 に は 、 酸 分 泌 細 胞 に 刺 激 を 送 る 経 (路 H2 受 容 体 を) 止 め る H2 受 容 体 拮 抗 薬 と 、 酸 分 泌 細 胞 の 酸 分 泌 機 能( プ ロ ト ン ポ ン プ ) を 抑 制 す る プ ロ ト ン ポ ン プ 阻 害 薬 ( P P I) が あ り ま す 。 プ ロ ト ン と は 水 素 イ オ ン の こ と で 、 酸 を 意 味 し ま す 。 酸 を 細 胞 の 中 か ら 胃 の 内 腔 に 汲 み 出 す ポ ン プ の よ う な 作 用 を し て い る 酸 分 泌 機 構 を プ ロ ト ン ポ ン プ と 呼 び ま す 。
P P I は 日 中 ・ 夜 間 と も に 酸 分 泌 抑 制 効 果 が あ り 、 G E R D 治 療 の 中 心 的 な 薬 剤 に な っ て い ま す 。 び ら ん ・ 潰 瘍 が あ る 逆 流 性 食 道 炎 で は 通 常 量 を 1 日 1 回 、 び ら ん ・ 潰 瘍 の な い 非 び ら ん 性 逆 流 症 で は 通 常 の 半 量 を 1 日 1 回 、 そ れ ぞ れ 朝 に 服 用 し ま す 。
H2 受 容 体 拮 抗 薬 は 、 広 く 用 い ら れ る 酸 分 泌 抑 制 薬 で 、 1 日 1 〜 2 回 服 用 し ま す 。 特 に 夜 間 の 酸 分 泌 抑 制 作 用 が あ り 、 夜 に 症 状 が 強 い 人 に 用 い ま す 。 P P I は 、 通 常 8 週 間 服 用 後 に 症 状 や 内 視 鏡 所 見 を 見 ま す 。 症 状 が 続 い て い た り 、 食 道 炎 が 改 善 し な い と き や 、 服 薬 を 中 断 し て 症 状 の 再 発 や 食 道 炎 の 悪 化 が 認 め ら れ た と き は 、 投 与 を 続 け ま す 。 患 者 さ ん の 多 く は 長 期 間 に わ た り 服 薬 す る 傾 向 が あ り ま す 。 自 覚 症 状 が 改 善 し て い て も 、 食 道 粘 膜 の び ら ん ・ 潰 瘍 が 十 分 に 治 ら な い こ と も あ る の で 、 年 に 1 回 ほ ど 内 視 鏡 検 査 を 受 け 、 経 過 を 観 察 す る ほ う が 良 い で し ょ う 。
H2 受 容 体 拮 抗 薬 も P P I も 、 世 界 中 で 使 わ れ る よ う に な っ て 20 年 以 上 た ち ま す が 、 重 大 な 副 作 用 の 報 告 は あ り ま せ ん 。 制 酸 薬 は 胃 酸 を 中 和 し て 、 胸 や け 症 状 を 改 善 し ま す 。 中 和 さ れ た 胃 液 が 胃 か ら 出 て し ま う と そ の 効 果 は 消 失 し ま す の で 、 症 状 の 一 時 的 改 善 に は 有 効 で す が 、 長 時 間 の 効 果 は 期 待 で き ま せ ん 。 2 逆 流 防 止 胃 か ら の 逆 流 を 防 ぐ た め に は 、 噴 門 が 一 時 的 に 開 い て し ま う 一 過 性 L E S 弛 緩 を 防 ぐ 方 法 、 裂 孔 ヘ ル ニ ア で 弱 く な っ た 噴 門 の 収 縮 力 を 回 復 さ せ る 方 法 が あ り ま す 。 胃 や 腸 の 動 き を 良 く す る 消 化 管 運 動 賦 活 薬 は L E S 圧 も 上 昇 さ せ 、 逆 流 し た 内 容 物 を 速 や か に 排 出 さ せ る の に 役 立 ち ま す 。 単 独 で は 用 い ず 、 酸 分 泌 抑 制 薬 と 組 み 合 わ せ て 使 用 す る の が 一 般 的 で す 。 一 過 性 L E S 弛 緩 自 体 を 止 め る 薬 は ま だ 研 究 段 階 で 、 一 般 の 患 者 さ ん は 使 え ま せ ん 。
な お 、 裂 孔 ヘ ル ニ ア が 逆 流 の 大 き な 原 因 に な っ て い る 場 合 や 、 噴 門 の 力 が 極 端 に 低 下 し て い る 場 合 は 、 逆 流 し な い よ う に 外 科 的 に 裂 孔 ヘ ル ニ ア の 修 復 と 緩 ん だ 噴 門 を 締 め 直 す 噴 門 形 成 術 が 行 わ れ る こ と が あ り ま す 。 た い て い は 腹 腔 鏡 下 手 (術 お な か に 小 さ な 穴 を い く つか 開 け て 、 そ こ か ら 患 部 を 見 る 内 視 鏡 や 手 術 用 具 を 入 れ て 外 科 的 治 療 を す る 方 法 を) 行 う た め 、 お な か に 大 き な 傷 は で き ま せ ん 。

◆ 生 活 習 慣 に も 注 意 を G E R D の 治 療 は 、 酸 分 泌 抑 制 薬 が 基 本 に な り ま す が 、 生 活 習 慣 へ の 注 意 も 併 せ て 必 要 で す 。 食 事 の 際 の 注 意 は 、 食 べ 過 ぎ な い こ と 、 脂 っ こ い 物 を 過 剰 に と ら な い こ と 、 胸 や け を 経 験 し た こ と の あ る 食 べ 物 は 避 け る こ と 、 食 べ て か ら 3 時 間 く ら い は 横 に な ら な い こ と で す 。 ま た 、 前 屈 み の 姿 勢 を 避 け る こ と 、 就 寝 時 は 上 半 身 を 高 め に し て 、 右 を 下 に し た 側 臥 位 を 避 け る こ と な ど に も 気 を つ け ま し ょ う 。 い う ま で も な く 、 服 薬 は 医 師 の 指 導 に 従 う こ と が 基 本 で す

胃 食 道 逆 流 症 下関 用語解説
Tagged on: