用意するもの

やわらかめの歯ブラシ、コップ2個、洗面器、薬用リップ、

うがい薬をうすめた物

(緑茶、レモン水、パイン果汁でもOK)タオル

1姿勢

・はじめに口腔ケアが行いやすい態勢にする。

・体が起き上がれる方は上半身を60度ぐらいおこす。

・体を動かすことが不自由な方は、枕またはクッションを背中にはさみ体を右側

か左側に傾けて顔を横向きにする。

2口腔ケア

・口腔ケア用のコップにうがい薬をうすめた物(緑茶、レモン水、パイン果汁)

少量用意する

・体が起き上がれる方は、はじめに水かぬるま湯でうがいをしておおまかな汚れを洗い流す。
うがいは洗面器でうけてください。
そのあと口腔ケア用のコップに歯ブラシを浸しながら口の中全体をブラッシング。
頬の内側や舌の上など粘膜部分もやさしく歯ブラシで磨いてください。

・何回か口腔ケア用のコップに歯ブラシを浸してブラッシングを繰り返し、
最後にうがいをしたあとは、唇が乾かないように薬用リップを塗り保湿する。

・体が不自由な方にも同じように繰り返しブラッシングをしたあと、
うがいが出来なければ口の中の水分を吐き出すようにしてください。

・口腔ケアは1日1回 15分以内を目安におこなってください。

介護者にもできる口腔ケア 下関 
Tagged on: