胃潰瘍 下関 用語解説 

胃潰瘍 下関 用語解説 1.胃潰瘍とは 胃酸の影響を受けて胃の粘膜に潰瘍を形成するものを指します。胃潰瘍は十二指腸潰瘍と比較して胃酸分泌が少ない高齢者に多く見られることから、発症原因は胃の粘膜を保護する粘液の不足と言われ

胃炎 下関 桃崎病院

胃炎 下関 桃崎病院 1.慢性胃炎とは 本来の意味は、胃内視鏡などで胃の組織を採取して、その組織で炎症が見られる場合を指します。 日常臨床では、わざわざ組織をとらなくても胃内視鏡検査やX線検査(バリウム検査)で胃炎の所見

大腸がん がんと言われた時

3.がんと言われたとき がんという診断は誰にとってもよい知らせではありません。ひどくショックを受けて、「何かの間違いではないか」「何で自分が」などと考えるのは自然な感情です。 病気がどのくらい進んでいるのか、果たして治る

大腸がん 受診と相談の勧め

2.受診と相談の勧め がんという病気は、患者さんごとに症状のあらわれ方が異なります。また、症状がなく検診でがんの疑いがあると言われることもあります。何か気にかかる症状があるときや、詳しい検査が必要と言われたときには、医療

大腸がんの診療の流れ

1.がんの診療の流れ この図は、がんの「受診」から「経過観察」への流れです。大まかでも、流れがみえると心にゆとりが生まれます。ゆとりは、医師とのコミュニケーションを後押ししてくれるでしょう。あなたらしく過ごすためにお役立